日本(やまと)忍術復興保存会

忍者サークル
日本(やまと)忍術復興保存会


 

 

 全国の忍者ファン向けに伊賀流忍者集団・黒党(くろんど)が母体となり、1985年7月に発足。
 今や消滅しつつあるといっても過言ではない忍術は情報量が少ないのが現状です。
「NINJA」が国際語になるなど世界的に忍者の人気は高まっていますが、少し間違った忍者像も
広まっています。 より正しい忍術、忍者の姿を後世に伝えるには今がとても重要な時期との思いで活動しております。
 全国の会員の皆様から寄せられる各地の情報や研究レポートなどが満載の会報「くり」を2カ月毎の奇数月に発行しております。
 会員間の親睦や他流団体との交流を深める「忍びの集い」は、2月の甲賀伴党の奉納演武見学をはじめ、8月に長野県で戸隠かげろう一族と合同キャンプ、11月には伊賀一之宮・敢国神社「黒党まつり」(↑写真)に参加、また忍者ゆかりの地の探索などを実施しております。
 
どなた様でもご入会いただけます。
会費は、1年分前払いとなっております。 3,700円

 2017年4月28日に文化庁の日本遺産に「忍びの里 伊賀・甲賀ーリアル忍者を求めてー」が認定されましたのを機会に、団体名を改めさせていただきました。


↓「くり」最新号

表紙は会員№221 ハイブリッド忍者(摂津国=兵庫県川西市)

「家康と将門怨霊の話」伊賀市柘植町・亀井裕子

「坂東総州に伊賀忍者の足跡を追う」 会員No.016十六夜(武蔵国=東京都千代田区)

「伊賀の須智荒木神社」才蔵(黒井宏光)

金剛コレクション⑥
  会員№050金剛(摂津国=大阪市旭区)所有の忍具、文献等コレクションを紹介

三重大学・伊賀連携フィールド市民講座「忍者・忍術学講座」2017年前期のお知らせ

新発見の古文書から下級武士の生活が明らかに!
『忍者の末裔』江戸城に勤めた伊賀者たち(KADOKAWA)高尾善希著
会員№206直之進(武蔵国=東京都小金井市)

第3回・中之条★真田忍者ウォーク

「伊賀の鹿肉とお漬物」伊賀市柘植町・亀井裕子

忍者のナナです★
  信濃毎日新聞こども新聞に4月から1年間連載中
  1/21、2/18掲載分 

 

前号に掲載